モノづくり技術講習会「熱分析マスターになろう!-基礎から応用まで-

 熱分析装置は、樹脂・プラスチックの熱特性を分析する基本装置ですが、しっかり使いこなせていますか?
 本講習では、示差走査熱量計(DSC), 熱重量測定装置(TG), 熱機械測装置(TMA)の原理や測定法のほか、研究開発・モノづくり現場の研究者・技術者が押さえておくべき実践的な活用法について紹介いたします。
 また、実習では、測定や解析のコツなど、活用方法を紹介いたします。
 研究開発・品質評価をご担当されている皆様、是非ご参加ください。

日 時

平成29年11月21日(月)13:15~16:30

場 所

滋賀県工業技術総合センター (栗東市上砥山232) 2階 大研修室

 

ダウンロード:案内チラシ(DSC, TG, TMA)

 講演 13:15~15:15

「研究開発・モノづくり現場にて効果的に熱分析を活用するための基礎と応用」

講師: ディー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株) アプリケーション課 大塚 康城 氏

 熱分析は、数mg程度のサンプル量があれば測定が可能で、プラスチックなどの高分子や無機材料、化学、医薬品など多くの業種・分野において、材料開発や品質管理などに必要不可欠なものです。

 本講演では、DSC, TG, TMA測定の基礎から熱物性評価の応用について、事例を交えて説明するとともに、使いこなすためのノウハウについても紹介いたします。

定員:20名

 操作実習 15:30~16:30

熱分析装置(DSC TG, TMA)による測定実習 」 (定員に達しました)

講師:ディー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株) アプリケーション課 大塚 康城 氏

 試験機を用いた測定の実演とともに、測定や解析のコツなど 、活用方法を紹介いたします。

定員:(定員に達しました)7名程度 (申込み多数の場合は、企業毎の参加人数を調整させていただきます)

受講料  無料

お申込

下記のお申し込みフォームからお申し込みください。

(本講習会は、下記の対象業種の県内の事業所が対象となり、別途、プロジェクト協議会への加入登録手続きが必要です。詳しくは下記にお問い合わせください。)

ダウンロード:滋賀発の産業・雇用創造推進プロジェクト参加申込書

対象業種 : 「高度モノづくり・環境」分野

○繊維工業 ○化学工業 ○プラスチック製品製造業
○窯業・土石製品製造業 ○金属製品製造業 ○はん用機械器具製造業
○生産用機械器具製造業 ○業務用機械器具製造業 ○電子部品・デバイス・電子回路製造業
○電気機械器具製造業 ○輸送機械器具製造業  

申込締切

平成29年11月15日(水)            

お問い合わせ先

滋賀県工業技術総合センター  白井伸 ・ 今田
〒520-3004 滋賀県栗東市上砥山232
TEL:077-558-1500   E-mail : 

お申込みフォーム(*は必須項目です。)

 講演会のみに参加する(操作実習は定員に達しました)
 希望する
 希望しない
 登録済み