[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 194] 第8回知能メカトロニクスワークショップ 論文募集のご案内





                                  滋賀県産業支援情報メール配送サービス
IRCS News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    第8回知能メカトロニクスワークショップ 論文募集のご案内

───────────────────────────────────
  本年8月21日(木)・22日(金)の両日、立命館大学理工学部(草津市野
路東1−1−1)において表記の学会が開催されます。
  これにつきまして、下記の通り論文募集が行われておりますのでお知らせいた
します。ふるってご参加をいただきますようお願いをいたします。

                    記
論文募集  第8回「知能メカトロニクス」ワークショップ

主催: 精密工学会
共同企画: 知能メカトロニクス専門委員会,メカトロニクス専門委員会,画像
応用技術専門委員会(精密工学会),マシンビジョンの実環境適用技術調査専門
委員会,非整備環境におけるパターン認識応用分野拡大協同研究委員会(電気学
会),パターン計測部会(計測自動制御学会),画像処理特別研究委員会(日本
非破壊検査協会) 
協賛(予定): 日本機械学会/電気学会/日本ロボット学会/電子情報通信学
会/計測自動制御学会/情報処理学会

期日: 2003年8月21日(木),22日(金)

開催趣旨: 近年の経済のグローバル化と情報通信の高度化,高齢化社会の到来
と環境保護・防災・セキュリティへの関心の高まりにより,わが国は,産業面で
は大競争時代に直面し構造変革を迫られる一方,社会面では高齢化に伴う医療・
福祉・健康等の諸問題,さらに人類社会全体にかかわる食糧・エネルギー・安全
の諸問題の解決を迫られております.このような変革と変化の波は,わが国の各
地域の社会と経済に大きな影響を及ぼし短・中期的な対応を迫っております.本
ワークショップは,産官学連携による地域の経済活性化,新産業の創出,高齢化
社会への対応,さらには環境・生活の安全に関する諸問題の解決を目指す中で,
次世代の知能化されたメカトロニクスの果たすべき役割とその可能性,および解
決すべき技術課題について討論するものです.関係各位の積極的な論文の応募を
期待いたします.募集テーマ: 下記の分野を含みますが,先端的な研究成果と
共に,地域のニーズに密着した実利用に関する研究発表を歓迎します. メカト
ロニクス基礎,マイクロメカニズム,ロボティクス,知能センサ,マシンビジョ
ンの産業応用,メカトロニクスの農林・水産業への応用,植物工場,医療メカト
ロニクス,福祉・介護等生活支援ロボット・機器,災害救助ロボット,ヒューマ
ンインタフェース技術,製造ラインの知能化,CAD・CAM,CIM,メカト
ロニクスへのネットワーク技術の適用,その他メカトロニクス関連技術.

[発表方法] オーラルセッションのみ,パラレルセッションで質疑時間を充分
確保します. 

[申込方法](1)表題,(2)著者名と全員の所属,(3)代表者名,(4)連絡
先,(5)電話番号,(6)ファックス番号,(7)e-mail アドレス(お持ちの方)
を明記した200字程度のアブストラクトを2003年4月30日(水)までに
下記申込み先までお送り下さい.なお関連学会講演会・研究会等において発表さ
れた最新の成果については応募することができます.

[申込先] 〒761-0396 高松市林町新町2217-20 
           香川大学工学部知能機械システム工学科秦研究室内
           精密工学会知能メカトロニクス専門委員会事務局
           Tel:087-864-2320 Fax:087-864-2460 
           E-mail: hatalab@eng.kagawa-u.ac.jp

[参加費]
発表者,精密工学会会員,共同企画組織会員および協賛学会会員15,000円,一般20,000
円,学生5,000円.上記費用には資料代が含まれます.

[スケジュール]
  申込締切2003年4月30日(水) 
  採否連絡2003年5月21日(水) 
  最終論文原稿(6頁以内)提出期限2003年7月18日(金)

顧問:
  原島文雄(東京電機大学),高木幹雄(東京理科大学),梶谷誠(電気通信大学)
組織委員会:
  石井明(立命館大学,委員長),森本吉春(和歌山大学,副委員長),安部正
浩(メタルアート),奥山博信(滋賀県工業技術総合センター),河田耕一(高
知工科大学),輿水大和(中京大学),菅泰雄(慶応大学),高木修(NECマ
シナリー),角田興俊(日本アイ・ビー・エム),永田重幸(徳島文理大学),
西本澄(広島工業大学),秦清治(香川大学),三原豊(香川大学),山本和彦
(岐阜大学),早川恭弘(奈良工業高等専門学校),野方誠(立命館大学)
論文委員会: 
  白井良明(大阪大学,委員長),浅野敏郎(広島工業大学),姉崎隆(松下電
器産業),新井健生(大阪大学),石井明(香川大学),大恵俊一郎(徳島大学),
大城英裕(大分大学),大西浩之(大日本スクリーン製造),大平文和(香川大
学),恩田寿和(明電舎),貝原俊也(神戸大学),金子俊一(北海道大学),
川崎晴久(岐阜大学),北川克一(東レエンジニアリング),斉藤文彦(岐阜大
学),斎藤之男(東京電機大),下条誠(電気通信大学),杉本浩一(香川大学),
杉山進(立命館大学),手嶋教之(立命館大学),富田洋(三洋電機),中野宏
毅(日本アイ・ビー・エム),野口稔(日立製作所),橋本周司(早稲田大学),
橋本稔(信州大学),樋口俊郎(東京大学),深尾典久(滋賀県工業技術総合セ
ンター),藤田博之(東京大学),前田祐司(広島県立保健福祉大学),水川真
(芝浦工業大学),水垣善夫(九州工業大学),村上俊之(慶応大学)

───────────────────────────────────

 ○メール配送サービスへの登録変更手続きは以下をご覧下さい。
        http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/unsubscribe.html

 ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。
        ircsnews-master@shiga-irc.go.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                          滋賀県工業技術総合センター
                                       http://www.shiga-irc.go.jp/