[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 303] 環境効率向上フォーラム研究会の参加募集





            滋賀県産業支援情報メール配送サービス
IRCS News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境効率向上フォーラム研究会の参加募集
────────────────────────────────
環境効率向上フォーラム研究会の参加募集

 企業の自主的な環境効率向上活動を支援するための研究会活動の参加
者を募集しています。各研究会とも実践的な活動を行いますので、積極
的にご参加を賜りますようお願い申し上げます。

○マテリアルフローコスト会計研究会
 環境負荷とコスト削減の両立を目指すためのツールであるマテリアル
フローコスト会計を理解し、自社に導入するため、専門家によるセミナ
ーと実践的アドバイスを行います。

 マテリアルフローコスト会計導入のメリット
 ①マテリアルロスの金額が明確になります。
 ②隠れたコスト(ロスに含まれるシステムコスト)が明確になります。
 ③ロス低減から生産システムの根本改革が可能になります。

●詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.shiga-irc.go.jp/iso/MFCA.html

○環境マネジメントシステム構築・運営研究会
 環境マネジメントを実践する上で、環境マネジメントシステムを構築
する必要があります。そこで、長年、ISO14001の環境マネジメントシス
テムの構築支援を行ってきた滋賀県工業技術総合センター等が開発した
集団構築の手法(日科技連出版社:ISO14001すぐ使える中小企業の環境
ISO実例(既に全国で3000部以上出版されています!))を使って、開
発した共通マニュアル、基準書により基本文書や基本システムを構築し、
さらに各企業に必要な個別文書や個別システムを構築する二段階の方法
で、参加企業のシステム構築をサポートします。

●詳しくは、こちらをご覧ください
   http://www.shiga-irc.go.jp/iso/EMS.html

○エコデザイン研究会
  自社の製品の環境負荷を評価するためのツールであるライフサイクル
アセスメントや環境適合設計を自社に導入するため、講習会や実践的ア
ドバイスにより、参加企業の実践をサポートします。

エコデザイン(ライフサイクルアセスメント)導入のメリット
①製造から使用、廃棄段階までの環境負荷が評価できます。
②製品改良による環境負荷の低減量が評価できます。
③タイプⅢの環境ラベルのデータとして活用できます。

●詳しくは、こちらをご覧ください
  http://www.shiga-irc.go.jp/iso/ED2004.html
────────────────────────────────
 ○メール配送サービスへの登録変更手続きは以下をご覧下さい。
    http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/unsubscribe.html
 ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。
   ircsnews-master@shiga-irc.go.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  滋賀県工業技術総合センター
                  http://www.shiga-irc.go.jp/