[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 543] 滋賀県東北部工業技術センター研究発表会開催のお知らせ





              滋賀県産業支援情報メール配送サービス
IRCS News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      滋賀県東北部工業技術センター研究発表会開催のお知らせ
────────────────────────────────
 滋賀県東北部工業技術センターでは、平成17年に実施した研究成果の報告
を下記により開催致します。
 多数のご参加をお願い致します。

  1.日 時  平成18年10月4日(水) 13:30〜16:00

  2.場 所  滋賀県東北部工業技術センター 長浜庁舎
           (滋賀県長浜市三ツ矢元町27−39)

  3.内 容

   「複合材料のリサイクルと相溶化による新規ポリマー開発(2)」
      超臨界水を利用して,溶融リサイクル化や原料の分離回収が
     極めて困難なFRPの分解を行った結果,超臨界反応が,資源
     を回収するプロセスとして非常に有望であると分かりました。

   「有害物質捕集高分子材料の開発」
      温度変化により吸脱着可能な、新規の有機化合物捕集材の開発
     について報告します。

   「健康衛生繊維製品の開発支援研究」
      活性炭を用いた消臭機能加工の検討を行いました。その結果
     活性炭に前処理を施すことで従来加工方法に比べ消臭効果が
     向上する加工方法を開発することが出来ました。

   「廃棄天然資源の炭素化物を用いた機能性材料の開発」
    −ヨシ・竹からの活性炭の開発−
      ヨシ・竹から活性炭を作製し、表面積が1000㎡/gを超える
     活性炭を開発しました。ホルムアルデヒド、トルエンなどの
     VOC(揮発性有機化合物)やカビ臭の吸着除去性能を
     測定しました。

   「繊維製品の快適性評価に関する研究」
    −布団の形状による快適性への影響−
      普通の形状の布団と形状の異なる布団(楕円形状、掛け・
     敷き布団一体型)を試料とし、布団の快適性評価について
     生理面と心理面からの検討を行いました。

   「リアクティブプロセッシングによる汎用ポリマーの高機能化」
    −PEGブレンドによるPLAの脆性改善、
     PLA結晶性の分子量依存性について−
      植物由来ポリマーであるポリ乳酸(PLA)の改質を目的とし、
     リアクティブプロセッシング(反応押出)を用いたPLAの脆性
     改善を検討するとともに、PLA原料の分子量が結晶化特性に
     及ぼす影響を調査しました。

   「超臨界流体による廃棄資源の有用化合物への変換」
      産業資材に利用されているアラミド繊維の超臨界アルコールに
     よるリサイクルの可能性について検討しましたので報告します。

   「地域産業によるデザイン創作支援」
      滋賀県らしさを付加価値にしたものづくり「滋賀の色」
     についての事例報告です。

  4.参加費  無料

  5.問い合わせ先  滋賀県東北部工業技術センター
            繊維・有機環境材料担当 東山
            (0749−62−1492)

 詳細、お申込み方法はこちらをご覧ください。

  http://www.hik.shiga-irc.go.jp/kosh_nag/H18ken-happyou.pdf
──────────────────────────────── 
 ○メール配送サービスへの登録変更手続きは以下をご覧下さい。 
    http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/unsubscribe.html 
 ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。 
   ircsnews-master@shiga-irc.go.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                               滋賀県東北部工業技術センター 
                               http://www.hik.shiga-irc.go.jp/