[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 556] 『バイオでわかる伝統食品と健康』を開催





              滋賀県産業支援情報メール配送サービス  
IRCSNews━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

科学技術の理解促進のためのシンポジウム『バイオでわかる伝統食品と健康』
を開催します。

────────────────────────────────  

 滋賀県では、滋賀バイオ産業推進機構と共催で「バイオでわかる伝統食品と
健康」と題して、科学技術の理解促進のためのシンポジウムを開催します。
 シンポジウムでは、琵琶湖のつくだ煮をはじめとする伝統食品の持つすばら
しさの再発見を入口に、バイオテクノロジーを活かした機能性食品の開発の取
り組みなど「食」と「健康」をめぐる事例を取り上げながら、バイオテクノロ
ジーとその活用の可能性などについて考えます。
 参加は無料ですので、多くの方のご参加をお待ちしております。

 日 時:平成18年11月18日(土)13:00〜16:20
 場 所:コラボしが21 3F大会議室(大津市打出浜2-1)
 内 容:基調講演「伝統食品とバイオテクノロジー:その健康とのかかわりを考える」
          荒井綜一 東京農業大学教授、元東京大学教授
     講演1 「湖魚のつくだ煮の多様性とそれらの栄養」
          小島朝子 滋賀女子短期大学教授
     講演2 「医食同源 −チキンエッセンスの魅力−」
          木曽良信 サントリー株式会社健康科学研究所所長
     講演3 「大豆から食品素材、健康素材へ」
          高松清治 不二製油株式会社フードサイエンス研究所
               栄養健康室室長
        パネルディスカッション
      総括  山田康之 奈良先端科学技術大学院大学名誉教授
               滋賀県顧問・滋賀バイオ産業推進機構副会長
      コーディネーター
          田中隆治 財団法人サントリー生物有機科学研究所副理事長
 主 催:滋賀県・滋賀バイオ産業推進機構
 参加費:無料(ただし、事前のお申込みが必要です)
 定 員:先着150名
 お問合せ先:滋賀県新産業振興課科学技術活用推進室 担当:松本、前川
       TEL 077-528-3794 FAX 077-528-4876

申込方法など詳細はこちらをご覧ください。
→ http://www.pref.shiga.jp/bunya/03_moyo_kou/061118_fd0001/

────────────────────────────────  
  ○メール配送サービスへの登録変更手続きは以下をご覧下さい。  
      http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/unsubscribe.html  
  ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。  
      ircsnews-master@shiga-irc.go.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
                滋賀県商工観光労働部新産業振興課 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 月瀬寛二
   滋賀県 商工観光労働部 新産業振興課 科学技術活用推進室 
    TEL 077-528-3794 / FAX 077-528-4876
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/