[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 687] 第1回研究技術交流会「抗体医薬とバイオセンサー」の開催・参加者募集





                 滋賀県産業支援情報メール配送サービス
IRCSNews  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  第1回研究技術交流会「抗体医薬とバイオセンサー」の開催・参加者募集

                   【滋賀バイオ産業推進機構(SBO)】
───────────────────────────────────
◆人間の免疫力を利用する抗体医薬は、副作用が少なく患部の目的箇所にのみ
  作用させることができるなど高い治療効果が見込まれており、癌などの有望
  な治療薬として期待されています。
 一方、抗体はそれぞれ特定のタンパク質や化学物質、細菌やウイルスなどを
 抗原として認識して結合することから、その結合を電気的、物理化学的に観
 察することにより診断薬やバイオセンサーへと利用することができます。
 この抗体を使った診断キットやバイオセンサーなどの開発後、実用化段階で
 機械・電子系の企業との連携をとり事業化を行なうことが期待できます。
 今回のセミナーでは、このような抗体にまつわる最新の研究や、抗体を利用
 した事業を展開されている中小企業の事例、今後の課題などを紹介し、抗体
 を応用したバイオ産業の可能性について考えます。ぜひご参加ください。

◆日時 平成19年7月25日(水) 14:30〜18:30

◆会場 滋賀医科大学 管理棟3階 大会議室

◆主催 滋賀バイオ産業推進機構、滋賀県

◆主な内容
 ○講演1「JSTの事業紹介とバイオ分野への期待」
       独立行政法人科学技術振興機構 JSTイノベーションサテライト
       滋賀 技術参事 江田和生 氏
 ○講演2「バイオ技術を活かした尿路系癌の診断・治療戦略」
       国立大学法人滋賀医科大学 泌尿器科 准教授 吉貴達寛 氏
 ○講演3「抗体医薬ビジネスへのアプローチ」
       株式会社免疫生物研究所 営業推進部 取締役部長 木下憲明 氏
 ○交流会
 
◆参加費
 ○講演会  3,000円(SBO会員  無料)
 ○交流会  2,000円(SBO会員 1,000円)

◆定員 50人

◆詳しい内容および申込みはこちらから
 http://www.pref.shiga.jp/f/shinsangyo/sbo/h19-1bukai.html

◆問い合わせ先
 滋賀バイオ産業推進機構事務局
 住所  〒526-0829 長浜市田村町1281-8 長浜バイオインキュベーション
                      センター内
 電話  0749−62−4810 FAX 0749−62−5656
 E-MAIL info@shiga-bio.jp
 ホームページ http://www.pref.shiga.jp/f/shinsangyo/sbo/ ;

─────────────────────────────────── 
 ○メール配送サービスへの登録変更手続きは以下をご覧下さい。 
  http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/unsubscribe.html 
 ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。 
  ircsnews-master@shiga-irc.go.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                   滋賀県商工観光労働部新産業振興課
                http://www.pref.shiga.jp/f/shinsangyo/