[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 875] 号外: 近畿経済産業局からのお知らせです(平成20年6月25日)








■■■■■■■■■ 近畿経済産業局からのお知らせ ■■■■■■■■■■
☆★☆ TOPICS ☆★☆
(6/25)「地域金融機関の産学連携支援先進事例集」のご案内
                                  【近畿経済産業局】

★産総研・公設試★
1.(7/25)産業技術総合研究所関西センター尼崎会場)一般公開
           【独立行政法人産業技術総合研究所関西センター】

★公募情報★
2.(公募期間:1)6/10〜8/4、2)6/2〜8/18) 
 「産学共同シーズイノベーション化事業」
   1)顕在化ステージ 2)育成ステージの公募について
                  【独立行政法人科学技術振興機構】

3.(公募期間:6/11〜8/20)
 平成20年度 「独創的シーズ展開事業 委託開発」の公募について
                  【独立行政法人科学技術振興機構】

4.(公募期間:7/1〜7/31) ☆予告☆
 平成20年度新連携対策補助金
   (事業化・市場化支援事業、連携体構築支援事業)の公募について
                           【中小企業庁】

5.(公募期間:7/2〜8/29) ☆予告☆ 
 産業技術研究助成事業(若手研究グラント)の平成20年度第2回公募
         【独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構】

★セミナー・イベント★
6.(7/4)「2008年度版ものづくり白書」説明会のご案内
             【近畿経済産業局・経済産業調査会近畿支部】

7.(7/11)「立命館大学 新技術説明会」開催!
                  【独立行政法人科学技術振興機構】

★☆「はじめての産学連携」ガイドブック☆★
 http://www.kansai.meti.go.jp/sangakukan.html
★☆近畿地域における大学・高専研究者技術シーズ☆★ 3/31更新
 http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/kansai-seeds/seeds-top.html
★☆近畿地方における産学官連携関連イベント☆★ 6/11更新
 http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/events/events.html
★☆産学官連携関連公募情報☆★ 6/11更新
 http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/network/koubo.html
★☆知的資産経営のすすめのページ☆★
 http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/network/vbnet_ic.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
********************************************************************
★(6/25)「地域金融機関の産学連携支援先進事例集」のご案内
 http://mir-www2.kansai.meti.go.jp/sangakukan.html
                                  【近畿経済産業局】
********************************************************************
 中小企業の「産学連携」の裾野拡大を図るとともに、「産学連携」に関心
はあるが実際取り組んでいない地域金融機関への参考に資することを目的に、
近畿経済産業局は産学連携に積極的に取り組んでいる近畿地域の地域金融機
関の特色ある取り組みや、地域金融機関によりコーディネートされた産学金
連携成功事例等を取りまとめた事例集を初めて作成しました!

■名  称:「地域金融機関の産学連携支援先進事例集
        〜中小企業の産学連携を推進しよう!〜」

■詳  細:詳細やダウンロードは以下URLをご覧ください。
 http://mir-www2.kansai.meti.go.jp/2giki/sangakukin/sangakukin-jirei.html

■お問合先:近畿経済産業局 地域経済部 産学官連携推進課  
        〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44   
       TEL 06-6966-6164   FAX 06-6966-6079 

********************************************************************
1.(7/25)産業技術総合研究所関西センター尼崎会場)一般公開
 http://unit.aist.go.jp/kansai/
           【独立行政法人産業技術総合研究所関西センター】
********************************************************************
  
■テーマ:「きて! 未来の技術がいっぱい」 
■日 時:平成20年7月25日(金) 10:00〜16:30
     (受付時間 9:30〜16:00)
■場 所:(独)産業技術総合研究所関西センター 尼崎事業所
     〒661-0974 尼崎市若王寺3−11−46
     (阪急神戸線「園田」駅下車、徒歩で約15分。駐車場なし)
■主 催:(独)産業技術総合研究所 関西センター
■対 象:小学生・中学生・一般など
■参加費:無料
■内 容:
  ●科学教室
   ・「巨大地震がやってくる」
     最近、日本の各地で地震が発生しています。能登半島、その前は
     新潟や福岡・・1995年の兵庫県南部地震では阪神地域が大きな被
     害を受けました。そして、21世紀の中頃までに、私たちの暮らし
     ている大阪平野に巨大地震がやってくる可能性が高いのです。
     これがどんな地震なのか、わかりやすく解説します。また、地面
     が激しく揺れたときに、私たちの足下の地盤が一気に溶ける「液
     状化現象」を、簡単な実験で体験してみませんか!
   ・「無重力を体感する」
     宇宙に行かなくても、普段の生活の中で無重力を体験することが
     できます。ペットボトルなどを使った簡単な実験で、浮遊、無熱
     対流、無浮沈など無重力で起こる特異な現象をお見せします。
     無重力の不思議な世界を体感してください
   ・「コンピュータの安全性(仮題)」(予定)
  ●参加型イベント
   ・LEGOを用いたプログラム体験
  ●展示・実演・体験
   ・メダカが人を救う
   ・暮らしと計量
   ・ナノサイズの金が空気をきれいにする
   ・環境に優しいバイオプラスティック
   ・ストレスを測る
   ・ガラスに新たな機能を求めて
   ・ダイヤモンドの可能性
   ・水素から電気を作る

 ※ここに紹介するものは予定内容の一部です。
  日程や内容等は変更される場合があります

■URL: http://unit.aist.go.jp/kansai/event/2008/kokai2008.pdf
■問い合わせ先:(独)産業技術総合研究所関西センター
        関西産学官連携センター 広報担当
        TEL 072-751-9606  http://unit.aist.go.jp/kansai/

********************************************************************
2.(公募期間:1)6/10〜8/4、2)6/2〜8/18) 
 「産学共同シーズイノベーション化事業」
   1)顕在化ステージ 2)育成ステージの公募について
http://www.jst.go.jp/innovate/innov/index.html
                  【独立行政法人科学技術振興機構】
********************************************************************
 大学・公的研究機関等の基礎研究に着目し、産業界の視点からシーズ候補
を顕在化させ、大学等と産業界との共同研究によってイノベーションの創出
に繋げることを目的とする事業です。本事業では、「顕在化ステージ」及び
「育成ステージ」の研究課題をそれぞれ募集します。

■公募期間:
  ○顕在化ステージ 
    第3回締切:平成20年8月 4日(月) 17:00  
  ○育成ステージ 
    平成20年6月2日(月)〜平成20年8月18日(月) 17:00  
■詳細: http://www.jst.go.jp/innovate/innov/index.html
■お問い合わせ先 
  独立行政法人科学技術振興機構 技術展開部 イノベーション創出課 
  TEL:03-5214-7995 FAX:03-5214-8496 Mail:innovate@jst.go.jp 

********************************************************************
3.(公募期間:6/11〜8/20)
 平成20年度 「独創的シーズ展開事業 委託開発」の公募について
http://www.jst.go.jp/pr/info/info492/index.html
                  【独立行政法人科学技術振興機構】
********************************************************************
 本事業は、新技術をもとにJSTが開発実施企業に開発費を支出します。
開発が成功の場合、開発費の返済(無利子)を求め、不成功の場合は開発費
の支出の10%分についてのみ返済を求めます。残りの90%について開発
費の返済を求めないことにより、JSTが開発のリスク負担を行って新技術
の開発を促進します。

■公募期間:平成20年6月11日(水)〜平成20年8月20日(水) 17:00
■詳細: http://www.jst.go.jp/pr/info/info492/index.html
■お問い合わせ先
  独立行政法人科学技術振興機構  
  産学連携事業本部 開発部 開発計画課  担当:久保、崎原 
  TEL 03-5214-8994 FAX 03-5214-8999   MAIL project@jst.go.jp 

********************************************************************
4.(公募期間:7/1〜7/31) ☆予告☆
 平成20年度新連携対策補助金
    (事業化・市場化支援事業、連携体構築支援事業)の公募について
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/080206shinrenkei_koubo.htm
                           【中小企業庁】
********************************************************************
 本制度は、その行う事業の分野を異にする2以上の中小企業者が有機的に
連携し、その経営資源(設備、技術、個人の有する知識及び技能その他の事
業活動に活用される資源をいう。以下同じ。)を有効に組み合わせて、新商
品の開発又は生産、新役務の開発又は提供、商品の新たな生産又は販売の方
式の導入、役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動を行う事
業、及び、同事業を行う連携体を構築するための事業に要する経費の一部を
補助するものです。

■公募期間:
  ○事業化・市場化支援事業 
   平成20年 7月 1日(火)〜平成20年 7月31日(木)
  ○連携体構築支援事業 
   平成20年 7月 1日(火)〜平成 20年7月31日(木)
■詳細:
  http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/080206shinrenkei_koubo.htm
■お問い合わせ先: 近畿経済産業局 産業部 中小企業課 
          TEL 06-6966-6054  FAX 06-6966-6083 

********************************************************************
5.(公募期間:7/2〜8/29) ☆予告☆ 
 産業技術研究助成事業(若手研究グラント)の平成20年度第2回公募
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/CA/nedokouboplace.2008-03-12.5428342812/nedokoubo.2008-05-29.
7939375385/
         【独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構】
********************************************************************
 本事業は、産業技術を担う技術シーズの発掘・育成と研究人材の育成を目
的として、大学・研究機関等の若手研究者(個人又はチーム)が取り組む、
優れた研究テーマに対して、直接経費及び間接経費(直接経費の30%相当額)
を助成します。
 今回の公募では、「地球温暖化対策に資する研究テーマ」を重点的に募集
することとしております。

■事業名称:平成20年度第2回「産業技術研究助成事業(若手研究グラント)」
■公募期間:7月2日から8月29日(予定)
■掲載URL :
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/CA/nedokouboplace.2008-03-12.5428342812/nedokoubo.2008-05-29.
7939375385/
■公募説明会:平成20年7月7日(月) 13:00〜17:00
       NEDO技術開発機構関西支部会議室
       (大阪市北区梅田 3-3-10 梅田ダイビル16階
        TEL  06-4306-5021(代表) )
■問合せ先:NEDO技術開発機構 研究開発推進部 若手研究グラントグループ 
       TEL 044-520-5174 MAIL sangi-202@nedo.go.jp 

****************************************************************
6.(7/4)「2008年度版ものづくり白書」説明会のご案内
http://www.chosakai-kinki.jp/d_seminar/d_080704/080704.htm
           【近畿経済産業局・経済産業調査会近畿支部】
****************************************************************
 わが国では、少子高齢化が一層進展し、人口減少社会に移行する環境
の中で、ものづくり産業の現場力を維持・向上させていくには、その人
材の確保や育成の仕組みを検証し、時代の状況に合わせた必要な対応を
行い、ものづくりの基盤強化と継承を図っていくことかが重要な課題と
なっています。
 こうした状況のもと、この度発表された「2008年版ものづくり白
書」(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告)につい
て、下記の要領で説明会を開催しますので、是非この機会に多数ご出席
下さいますようご案内申し上げます。

■講 師 :経済産業省 製造産業局 参事官室 調査員 小川 征爾
■日 時 :平成20年7月4日(金)  14時〜15時 
■場 所 :大阪合同庁舎1号館 第一別館 2階 大会議室
        大阪市中央区大手前1−5−44 
        (地下鉄・谷町線「天満橋」駅下車)
       電話06(6966)6000(代表)
■定 員 :100名(定員になり次第締め切ります。)
■参加料 :無 料
■共 催 :近畿経済産業局・経済産業調査会近畿支部
■お申し込みはこちらから
 http://www.chosakai-kinki.jp/d_seminar/d_080704/080704.htm

*************************************************************
7.(7/11)「立命館大学 新技術説明会」開催!
http://jstshingi.jp/ritsumei/index.html
               【独立行政法人科学技術振興機構】
*************************************************************
 科学技術振興機構(JST)と立命館大学は、研究成果の社会還元を促
進するため、立命館大学が厳選したライセンス可能な特許技術(未
公開特許情報を含む)による新技術説明会を開催いたします。

<注目の新技術> 
   http://jstshingi.jp/abst/2008/ritsumei/program.html
 15:30〜16:00
○金属粒子をカーボンで被覆した機能性ナノ複合粒子の製造技術 
  [発明者] 立命館大学 総合理工学院・理工学部 物理科学科
                     特命教授 墻内 千尋
○新技術の概要
 結晶性の高い金属粒子がカーボンにより被覆された構造の複合ナノ
 粒子の製造技術。ほとんど全ての種類の金属をグラファイト状の非
 晶質カーボンで被覆することができ、10〜100ナノメートルの
 範囲で粒径をコントロールできる。

<お申し込みはこちら>
  https://www.jstshingi.jp/cgi-bin/2008/ritsumei/form.cgi

<プログラム> 
  http://jstshingi.jp/ritsumei/program.html

<開催概要>
 ■会  期 :2008年7月11日(金)13:00〜17:50
 ■会  場 :科学技術振興機構 JSTホール(東京・市ヶ谷)
 ■主  催 :立命館大学  科学技術振興機構
 ■後 援 :中小企業基盤整備機構
 ■参加費 :無料[事前登録制]→ http://jstshingi.jp/ritsumei/
 ■定  員 :各説明100名

<お問合せ>
科学技術振興機構 シーズ展開課 
 tel:0120-679-005 e-mail:scett@jst.go.jp
  
■■■■  本日は以上です。お読みいただき有り難う御座います。■■■■