[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 1236] 【JST滋賀】産学イノベーション加速事業のご案内





              滋賀県産業支援情報メール配送サービス
IRCS News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   JST:産学イノベーション加速事業【産学共創基礎基盤研究】
       産業界からの「技術テーマ」募集の御案内
             【JSTイノベーションサテライト滋賀】
────────────────────────────────
 JSTは、平成22年度より新規制度として産学イノベーション加速
事業【産学共創基礎基盤研究】を開始します。本制度の開始に伴い、産
業界(業界団体もしくは企業)を対象に、本年度の「技術テーマ」を募
集します。
 本制度は、日本の産業競争力の強化のために解決するべき「技術テー
マ」を、各企業が競争する領域ではなく、それ以前の非競争の「知」の
創出段階から産業界と大学などが共有し、産と学とが対話しながらその
解決に向けて取り組む、新しい産学連携の形(「共創(きょうそう)」)
を実現するものです。
 本制度では、まず、産業界から「技術テーマ」を御提案いただきます。
次に、御提案頂いた「技術テーマ」に基づいて支援対象とする「技術テ
ーマ」を決定します。最終的に、この「技術テーマ」の解決に資する
「研究課題」を、大学等の研究者を対象に募集し採択します。
 JSTは、「技術テーマ」の決定、「研究課題」の決定および研究実
施期間などにおいて、産学が意見交換できる「共創の場」を設置・運用
し、それによって、産業界の視点や知見を大学等へフィードバックする
とともに、大学等の基礎研究の成果を産業界が活用できるようにします。

○募集期間
 平成22年7月14日(水)〜平成22年8月13日(金)午後5時
○提案主体
 業界団体、または2社以上の企業。(後に複数企業の参画が見込まれ
 る場合は、1社での提案も可能)
○技術テーマの内容
 現在の技術の小幅な改良等ではなく、10年間程度先の産業の将来像
 を見越した技術的な課題(テーマ)としてください。例えば、
 ・産業界が想定する今後10年程度のイノベーション創出に向けた
  ロードマップの実現に必要な基盤技術
 ・複数の企業が抱えている共通課題で、国際的な産業競争力を強化
  するための基盤技術
 など
○研究開発費(予定)
 1技術テーマにつき、年間3億円程度
 (この枠で各研究課題の研究開発費を配分し支援します)
○研究開発期間(予定)
 1技術テーマにつき最長10年程度
 (各研究課題は1〜2年程度で評価)
○技術テーマ決定数(平成22年度)
 2程度(1技術テーマあたり10件程度の研究課題を推進)

○内容の詳細・提案書類様式
 JSTの下記HPをご参考にして下さい。
 http://www.jst.go.jp/kyousou/index.html

○書類提出先・お問合せ先
 〒102-8666 東京都千代田区四番町5−3
  JST イノベーション推進本部
  産学基礎基盤推進部 産学共創基礎基盤研究担当
  TEL:03-5214-7997,03-5214-8475 E-mail:kyousou@jst.go.jp
  HP:http://www.jst.go.jp/kyousou/index.html
――――────────────────────────────
   ○メール配送サービスへの登録変更手続きは以下をご覧下さい。
     http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/unsubscribe.html
  ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。
     ircsnews-master@shiga-irc.go.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   滋賀県工業技術総合センター
                   http://www.shiga-irc.go.jp/