[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 1808] 【立命館大学】シンポジウム「たべものが教えてくれる地域の恵み 食の源」のご案内





                  滋賀県産業支援情報メールマガジン
IRCS News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「たべものが教えてくれる地域の恵み 食の源
    〜イタリア食科学大学 特別講義 in 立命館大学〜」
                     【立命館大学】
─────────────────────────────────

◇シンポジウム名
 「たべものが教えてくれる地域の恵み 食の源
   〜イタリア食科学大学 特別講義 in 立命館大学〜」
□日時
  2013年12月19日(木)13時〜16時50分(交流会 17時〜19時)
□場所
  立命館大学 びわこ・くさつキャンパス エポック立命21 K310
□主催
  R-GIRO食料研究拠点(立命館グローバルイノベーション研究機構)
  立命館生活協同組合
□協賛
  明日の農と食を考える研究会

□開催趣旨
 食材提供の場を活用した食育実践活動事業の一環として、スローフードの
研究・教育に早くから取り組むイタリアの食科学大学(University of 
Gastronomic Sciences)の研究者をお招きし、伝統的な食品やその生産者を
守り、味覚を大事にすることの意義について、学生・教職員をはじめとする
消費者の意識を高めることを目的とする。

□プログラム
 ○オープニング
      立命館大学経済学部 学部長/教授 松原 豊彦氏

 ○講演1 「味わいの科学 〜UMAMIはなぜ「おいしい」と感じるのか〜」
        イタリア食科学大学 教授 Gabriella Morini氏

 ○講演2 「極上のチョコレートとは何か 〜食べて知る、身近な食の歴
       史と偉大な生産方法〜」
        イタリア食科学大学 教授 Mirco Marconi氏

 ○休憩   ※ドライ梨の試食あり

 ○講演3 「歩き知る、植物学的地域の発見 〜滋賀県の植物や食とイタ
       リアの共通点、自然を活かした先人の知恵を知る〜」
        イタリア食科学大学 教授 Andrea Pieroni氏

 ○特別講義「スローフードと教育 〜なぜ今私たちは食を学ぶのか〜」
        スローフードジャパン 副会長 石田 雅芳氏

 ○クロージング
       立命館生活協同組合 常務理事 佐藤 由紀氏

□参加費
  無料(ただし交流会参加者は2,500円)

□申込先 <締切:2013年12月17日 17:30>
  rroevent@st.ritsumei.ac.jp 宛に下記ご記入の上お申し込みください。

   *会社・機関・所属部署名
   *役職
   *ご芳名
   *電話番号
   *メールアドレス
   *交流会への参加の可否(講演のみ or 交流会も参加)


───────────────────────────────────
 ○本メールマガジンの登録変更手続きは以下をご覧下さい。
   http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/change
 ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。
   ircsnews-master@shiga-irc.go.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      滋賀県工業技術総合センター
                      http://www.shiga-irc.go.jp/