[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[IRCS News 1959] 講演会「新しい常温成膜技術の普及をめざした取り組み」のご案内(修正)





                   滋賀県産業支援情報メールマガジン
IRCS News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 講演会「新しい常温成膜技術の普及をめざした取り組み」のご案内(修正)
──────────────────────────────────
 滋賀県工業技術センターと龍谷大学では、産業技術総合研究所との連携の
元、新しい表面処理技術の普及と事業化支援に向けた取り組みを進めていま
す。今回ご紹介するエアロゾルデポジション法は固体であれば材料を選ばず、
熱も必要としない粉末を用いた日本発祥の新しい表面処理技術です。
 県内企業の皆様にこの技術の概略を知っていただくため、本技術の開発者
を講師に迎え、下記の通り講演会を開催します。製品表面の処理にお困りの
方、これから表面処理に取り組まれる方、是非ご参加ください

■日時:平成26年(2014年)11月5日(水)13:30〜(受付開始 13:00)
■場所:龍谷大学 瀬田キャンパス REC 小ホール
   (大津市瀬田大江町横谷1-5 JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約8分)
■参加費:無料(情報交換会ご参加の方は参加費1,000円)
■内容
<はじめに>
1 御挨拶及び趣旨説明(13:30 〜13:40)
                 龍谷大学 理工学部 機械システム工学科
                        講師 森  正和 氏
<話題提供>
2 「エアロゾルデポジション法の原理と最新応用事例」(13:40〜14:40)
     独立行政法人産業技術総合研究所
     先進製造プロセス研究部門 首席研究員	    明渡 純 氏
3 「エアロゾルデポジション法とその実用化について」(14:50〜15:50)
    TOTO株式会社 総合研究所 素材研究部
                 研究主幹	   清原 正勝 氏
4 「龍谷大学におけるエアロゾルデポジション法の研究事例」
                          (15:50〜16:05)
     龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 講師 森 正和 氏
5 「エアロゾルデポジション法産業応用をめざした公設試と滋賀県の取組」
                          (16:05〜16:20)
     滋賀県東北部工業技術センター        佐々木  宗生
6 「パネル・サンプル展示」(16:30〜17:10)
情報交換・懇親会 (17:15〜18:00)
■詳細及び申込
 当所(http://www.hik.shiga-irc.go.jp/)または龍谷大学ホームページ;
(http://www.ryukoku.ac.jp/event/detail.php?id=1726)をご覧頂き、FAX
(077-543-7771)またはE-mail(rec@ad.ryukoku.ac.jp)にてお申し込み下
さい。
──────────────────────────────────
 ○本メールマガジンの登録変更手続きは以下をご覧下さい。
   http://www.shiga-irc.go.jp/ircsnews/change
 ○その他不明な点がある場合は下記アドレスまでご連絡ください。
      ircsnews-master@shiga-irc.go.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  滋賀県東北部工業技術センター
                  http://www.hik.shiga-irc.go.jp/