第2回滋賀イノベーション研究会

滋賀県工業技術総合センターに新たに導入した金属3Dプリンタ「金属粉末積層造形装置(DED方式)」を活用した滋賀イノベーション研究会の第2回目を開催します。 日時:令和元年(2019年)12月10日(火) 15:00~17:00

3dinnovation_20191210.JPG滋賀3Dイノベーション研究会
会員の皆様へのご案内

 平素は滋賀3Dイノベーション研究会の事業に対して、ご理解とご協力を賜りありがとうございます。
 さて、このたび滋賀3Dイノベーション研究会 関連技術研修として、『3D プリンタ活用の基礎~金属積層造形における原料粉末とその評価ポイント』を企画いたしました。造形物の機能的特性や物理的特性、そしてAM技術のさらなる発展のためにも、原材料である粉末の特徴を知ることは大切です。
 今回は、株式会社金属積層造形サポートシステムさまご協力のもと、以下の技術研修会を開催します。
 さらに、技術研修後に、第2回滋賀イノベーション研究会を開催します。
 時節柄ご多忙とは存じますが、ご出席くださいますようお願いいたします。

 日時 令和元年(2019年) 12月10日(火)

〇モノづくり技術力向上のための「技術研修」事業
『3D プリンタ活用の基礎~金属積層造形における原料粉末とその評価ポイント~』 (13︓00~14︓40)
(1)「金属積層3Dプリンタの使用材料(AM用金属粉末について)」
(2)「金属積層造形サポートシステム(MAMSS)についてご紹介」
      両講演共に 講師 株式会社金属積層造形サポートシステム  技術部部長 西田元紀
※技術研修の詳細とお申込は、下記のHPよりお願いします。
  モノづくり技術力向上のための「技術研修」事業 『3D プリンタ活用の基礎~金属積層造形における原料粉末とその評価ポイント~』開催のお知らせ

 

〇第2回滋賀3Dイノベーション研究会 (15:00~17:00)

(1)「金属積層造形条件およびその評価方法について」
 積層造形時の条件パラメータは数多くありますが、代表的なパラメータであるレーザ出力と走査速度の関係性を示すプロセスマップを用いた造形条件の検討およびその評価手法について紹介します。
(2)研究会での取り組みについて
(3)装置デモ見学

 第2回滋賀3Dイノベーション研究会 募集対象

※第2回研究会のお申込は、研究会会員に限らせていただいています。
 会員企業の方は、本ページの下部フォームよりお申込をお願いします。

 未会員企業の方は、下記のHPをご参照の上、まずは会員のお申込をお願いします。
 「滋賀3Dイノベーション研究会」HP

 リーフレット

 こちらをクリックしてください(PDFファイル:480KB)

 

 問い合わせ先

 滋賀県工業技術総合センター  斧(おの)、柳澤、山下
   〒520-3004 滋賀県栗東市上砥山232
    TEL:077-558-1500 FAX:077-558-1373