技術的な相談は、滋賀県工業技術総合センターまで。まずお電話を…077-558-1500

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に関するご協力のお願い(2021.1.15更新)

  滋賀県工業技術総合センターでは、現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策を実施しております。センターをご利用の皆様におかれましても、以下のとおり、感染拡大防止へのご協力をお願いします。

 なお、滋賀県では、近隣府県における緊急事態宣言の発出を踏まえ、緊急事態宣言対象地域から本県への不要不急の往来を控えていただくよう呼びかけているところですので、来所にあたりましてはご留意いただきますようお願いします。

来所にあたって

  • 感染予防のため、マスクをご持参のうえ、館内ではマスクの着用をお願いします。
    (定期的に室内の換気を行うとともに、職員もマスクを着用して対応させていただきますので、ご了承ください。)
  • センター入口等にアルコール消毒液を設置しておりますので、手指消毒のうえ入館いただくとともに、こまめな手洗いをお願いします。
  • 以下に該当する方は、来所を控えていただきますようお願いします。
    1. 新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者またはそのおそれのある方
    2. 体調不良の方(風邪症状、発熱、強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難))
    3. 海外滞在歴(出張・旅行など)があり帰国後2週間以内の方
  • 来所の前に、必ず電話・メール等での事前のご相談・ご予約をお願いします。
    電話・メール・Web会議など、ご来所いただく以外の方法についても柔軟に対応させていただきます。)
  • 来所は、必要最小限の人数でお願いします。

その他

  • 3密を避けるため、技術相談や機器使用の日時を調整させていただく場合がございますが、ご了承願います。
  • センター主催の研修・セミナー等につきましても、開催中止・延期等によりご不便をおかけする場合がございますが、ご理解のほどお願いします。
 

お知らせ

募集中技術開発室(レンタルラボ)入居者募集のお知らせ

2021年01月15日

募集する技術開発室
 ■部屋番号
   4号室 (技術開発室-4)
 ■入居開始時期
   令和3年7月から
 ■募集締切
   令和3年3月15日(月)

現場力の維持・強化に向けたAI開発支援事業について

2020年12月01日

■現場力の維持・強化に向けたAI開発支援事業 県内中小企業へのAI活用の裾野を広げることで、生産性の向上(現場力の維持・強化)を図ります

終了2/19(金)モノづくり技術力向上のための「技術研修」事業 『最新の電子顕微鏡による試料観察と元素分析』開催のお知らせ

2021年01月22日

■日時/令和3年2月19日(金)13:15~16:50
■開催方式/来場方式とZoom配信方式の両方
■定員/(来場方式) 第1部 技術講習会:25名
         第2部 実習:10名(5名×2班)
    (Zoom配信方式) 定員なし
■参加費/無料
■本セミナーは滋賀材料技術フォーラム(第83回研修会)との共催で開催します。

終了工業技術総合センター&東北部工業技術センター 研究成果報告会および一般公開

2021年01月18日

■日時/令和3年2月18日(木)11:00~16:45
■場所/(栗東会場)工業技術総合センター 栗東庁舎
    (彦根会場)東北部工業技術センター 彦根庁舎

終了技術職員(デザイン)募集のお知らせ

2020年12月18日

■受付期間/令和2年12月18日(金)〜令和3年1月20日(水)
 (持参、郵送、インターネットで受付終了期間が異なりますのでご注意ください)
■職種/デザイン・1人程度

電子顕微鏡の機器使用再開のお知らせ

2021年01月04日

2021年1月4日より、多機能走査型電子顕微鏡システムをご利用いただるようになりました。

令和2年度 公益財団法人JKA競輪補助機器の導入

2020年12月22日

工業技術総合センターでは、県内企業の皆さまの製品開発等に対してより質の高い環境を提供できるよう、公益財団法人JKAの補助事業(競輪)を活用して新しい機器を整備しております。令和2年度は、多機能走査型電子顕微鏡システムを整備いたしましたので、ご紹介します。

走査型電子顕微鏡の機器使用停止のお知らせ

2020年11月23日

 走査型電子顕微鏡の更新に伴い、滋賀県工業技術総合センター(栗東庁舎)の電界放出型走査型電子顕微鏡(M07)および走査型電子顕微鏡(M11)、SEM用分析装置(M10)の機器使用を停止いたします。停止期間は、令和2年11月24日から令和3年1月3日となります。ご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。なお、停止期間中に電子顕微鏡が必要な場合は、東北部工業技術センター(長浜庁舎、彦根庁舎)と工業技術総合センター信楽窯業技術試験場にも機器がありますので、お問い合わせください。